彼氏 作り方

よく、私は彼氏の作り方としては、思いたったときは海に行きます。三十路手前になった私でも、意外と出来たりします。
海でいい相手を探していると、金髪でいかにもサーファーといった様子の男性が歩いてきました。
私もサーフィンはするので、サーファーの男性に声をかけてサーフィンを楽しみます。
午後までサーフィンを楽しんで、彼と車まで戻ってくると、あらかじめ作ってきたお弁当を二人で食べてみます。
あらかじめ作るお弁当も彼氏の作り方のひとつで、男は胃袋で掴むという、古来から伝わる方法に頼っています。これで男性はおちる事が多いです。
「この玉子焼き最高ですね」「うん。結構うまくできたかも」なんて会話をしながら、彼に彼女がいるのかどうか聞いてみます。
彼は彼女がいないらしく、ここ三年ほど寂しいといった感じでした。
これからドライブをしながら楽しまないかと聞くと、彼は承諾してくれたので着替えようとします。もちろん、車の中で。
これも作り方の一つとして、着替えのシーンを見せてちょっとムラムラしてもらうという狙いがあります。
私の車は左右がスモークが入っており、前は日よけをかけているので見えることがありません。しかし、後ろからは丸見えで、男性がその辺で着替えているのがわかっているのでわざとらしく見えるように着替えます。
彼は地元の人らしく、ボードを家においてから出かけたいということでしたので、彼の家に寄ってからドライブに向かいました。

ドライブ中、私はスキンシップを忘れずに行っていくと、彼が「なんか、あなたを見てたらムラムラしてきたんだけど」と冗談めいた感じで言ってきたので「だったら、ラブホいく?」と言うと、彼は頷いてラブホに向かいました。
ラブホの部屋に入ると、そのままベットに押し倒されてエッチが始まりました。
彼の触り方や、言葉をかける優しさなどが私としては彼氏にしたいと決意させていきました。
エッチを終えた彼は、「○○さん、俺の彼女になってくれないか?」と言ってきたので、ちょっと焦らすような仕草をしてから「うん、よろしくね」と返事をしました。

こうして、私は彼氏を作りました。スキンシップと料理、そして相手に意識させる事は彼氏の作り方としては重要だと思います。
ぜひ、いい彼を見つけてください。
LINE セックスフレンド
セックスフレンド 作り方