カテゴリー別アーカイブ: セフレ

セフレ掲示板

セフレ掲示板で知り合った人と連絡を取って1週間。いよいよ会うことになりました。
そもそもセフレ掲示板なんて怪しいところに書き込みをして相手をゲットしたわけですが、とてもそんないかがわしい出会い系サイトで知り合ったかと思えないほど話が進んで、セフレをさがしているという目的は変わらないものの、セックスの前のコミュニケーションが大切だねっていう考えの人みたいで、そこは私もすごく共感できます。
メインはセックスでも、セフレ掲示板で知り合ったからと言って、何にも話さず相手の事も何も知らずことに及ぶのはいかがなものか。やっぱりセックスは、コミュニケーションが取れていればいるほど楽しいと思っています。
実際に待ち合わせて会った彼は、けして男前とは言えないにしても優しくてスポーツマンっぽい普通の人。とてもセフレ掲示板に投稿していたとは思えないような感じのイメージでした。なぜセフレ掲示板なんかに投稿していたのかって聞いてみたんですが、彼も私と同じで、彼女いない歴が長くて、今から新しく恋をして付き合うのはちょっとめんどくさい、趣味も楽しくなってきたし、付き合わないでもいい楽な関係を探したくてセフレ掲示板に投稿したとのこと。ほんとかどうか怪しいなとは思ったのですが、セフレ掲示板で出会った人の第一印象がおかしな人ではなかっただけでも全然いいかなと思いました(笑)
その日はお泊りを予定していましたが、危なくなったりいやだったら途中で帰るつもりが、朝まで気兼ねなくいることができました。もちろん、体の相性もバッチリです!
人妻 出会える
出会える

セックスフレンド ほしい

僕がセックスフレンドをほしいと思い出したのは半年前のことでした。
2年間付き合った彼女と大喧嘩の末、一旦距離を置くことになった僕は、はけ口のなくなった性欲の処理に困っていたのです。
風俗にいく金はなかった為、自然と僕が求めるものはセックスフレンドになっていきました。
彼女への愛情がなくなった訳ではありませんでしたが、陳腐な仕返しの気持ちもありました。
僕は出会い系に登録し、早速セックスフレンドの募集をすることにしたのでした。
あれだけほしいほしいと思っていたセックスフレンドでしたが、今の時代出会い系サイトに登録すればすぐに作ることが出来るのですね。
僕は彼女と会うはずだった時間を全てセックスフレンドとの時間に使い、毎日のようにセックスに没頭しました。
しかしそれでも僕の心は満たされず、ただ腰を振るだけのサルのような毎日だったのです。
僕はふと彼女の顔が頭に浮かび、どうしても会いたくなりました。
彼女の下へすぐに向かい、頭を下げて自分の非礼を詫びたのでした。
そして彼女を抱いた時、ただ1度のセックスで僕の全てが満たされた気がしました。
やはりセックスというものは体の相性よりも心の相性が重要なのだと実感しました。
つまりはそれだけ彼女を愛していたということなのでしょう。
それからというもの、僕はこれまで以上に彼女に愛情を注ぎ、彼女だけを愛することを誓ったのです。
その後、僕はセックスフレンドとはすぐに関係を切り、ひたすら後悔しました。
ただこの件が僕に彼女との結婚を決意させたことは僕だけの秘密として、墓場まで持っていくつもりです。
愛人
出会い系 愛人

32歳既婚男性派遣社員のセフレ体験

今、セフレがいます。自分の人生初のセフレですね。自分としては彼女が欲しくて合コンに参加したんですが、
気付いたらセフレみたいな関係になってました。というのも向こうにはしっかりと彼氏がいたんですね。でもなんか
その彼氏とは身体の相性が悪いらしく、既婚の男を捜していたらしいんです。それで
それなら実は自分は妻子持ちなんだけどって手を上げたら関係が始まったって感じですね。
妻とはもう何年もしてません。愛してはいますが最近はもう異性としては見れなくなってきてますね。
子供が出来てからは特にそうです。だから外でセフレと会うと本当に燃えますね。
同じ女でもこれほどまでに違うのかと思います。
まあセフレの方はまだまだやりたい盛りなのかいつも露出度の高い服着てます。
遠めにみるとスタイルもいいのでだいたい男が自分のセフレの体を舐めまわすように
見てくるんですがそういうのも密かな優越感を感じられる遊びとして堪能しています。
セフレとはだいたい向こうの家でやってます。学生なんで一人暮らしなんですね。
ホテル代もかからないので安上がりで便利ですね。
もちろん食事は自分持ちなんですが愛人契約をしている訳でもないので
かなり低コストでちゃんと情がこもったセックスを女子大生と定期的に出来るっていうのは
本当に恵まれていると思いますね。知り合いの同僚なんてもうエロ動画ばかり見てるらしいですから
それに比べれば自分はかなりの幸せものだと思うんです。合コンはやっぱりいいですね。